口腔外科|印西市の歯医者、いいづか歯科クリニック

口腔外科

口腔外科を受診される方へ

口腔外科は、顎、口腔、顔面領域に生じる疾患に対して外科的な治療をする科です。
当院で行っている口腔外科疾患の治療について説明いたします。

症状・疾患 行う治療
埋伏歯 抜歯が困難な智歯(親不知)の抜歯や骨の中に埋まったまま萌出してこない永久歯の抜歯や開窓術を行います。
歯肉、顔面の炎症 歯肉が腫れる、顔が腫れるなどの炎症に対して消炎処置を行います。
口内炎 アフタ性口内炎 アフタ性口内炎、難治性口内炎、感染性口内炎などの各口内炎へ薬物、レーザー治療を行います。
顎嚢胞 顎の骨の中にできた嚢胞の開窓術や摘出術を行います。
良性腫瘍 頬や舌、歯肉に生じた良性腫瘍の摘出を行います。
摘出した腫瘍は必ず病理検査を行います。
悪性腫瘍 口腔内に発生する悪性腫瘍に関しては千葉大学医学部歯・顎・口腔外科と協力して治療にあたります。
粘液嚢胞 口唇や口腔底にできる嚢胞の摘出術を行います。
外傷 歯の外傷、顎骨骨折の治療を行います。
小帯異常 舌小帯強直症、上唇小帯短縮症などの小帯異常に対する形成術を行います。
補綴前処置 義歯を入れるにあたり、邪魔になる骨隆起などの除去術を行います。
顎関節症 顎関節症に対して、薬物療法、運動療法、スプリント療法など低侵襲で効果的な治療を行います。
顎補綴 悪性腫瘍などで顎骨を摘出した場合、特殊な義歯が必要となります。
手術後の発音、咀嚼機能の回復のために特殊な顎義歯を作製し、リハビリテーションを行います。