ホワイトニング|印西市の歯医者、いいづか歯科クリニック

ホワイトニング

ホワイトニングとは

私の人生で輝く日、オパールエッセンスでもっと輝く。

歯の表面を削ったり、溶かしたりするのではなく、ホワイトニング材の成分が着色物質を分解することにより自然な白さにしていくことをホワイトニングといいます。
ホワイトニングは歯そのものの色を明るくすることと考えてください。

ホワイトニングの方法

診療室で行うホワイトニング!
オフィスホワイトニング 1時間
前歯6本コース:¥21,000 上下12本コース:¥31,500
自宅にいながら・寝ている間に白い歯に!
ホームホワイトニング ホワイトニング剤4本
前歯6本コース: ¥10,800 トレー代: ¥ 3,240
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することにより
効果を長持ちさせる理想の方法!
デュアルホワイトニング
前歯6本コース:¥21,000 上下12本コース:¥31,500

ホームホワイトニングの流れ

歯科医院にて

STEP.1
歯科医師より使用方法、注意事項の説明を受けます。口腔全体の検査と適応症の診査をします。 ※歯の状態が健全でない場合、治療が完了してからホワイトニングを行ってください。詳しくはよくあるご質問をご覧ください。
STEP.2
歯の色の診査を行います。
STEP.3
歯列に合ったカスタムトレイを作製します。 完成したトレイの装着具合を確認します。歯科医師よりトレイへのジェルの付け方など、使用手順の説明を受けます。

自宅にて

STEP.1
トレイを使用前に洗います。 シリンジ尖端のキャップをはずし、トレイにジェルを注入します。
STEP.2
トレイにジェルが適量付いたのを確認後、歯にセットします。はみ出たジェルは歯ブラシか指で取り除いてください。 一回最長2時間、12本分を2週間で使い切るのを目安にご使用ください。
STEP.3
終了後はトレイをはずし、口を水で十分にすすいでください。トレイは歯ブラシを使って水洗いし、水分をよく拭き取ってからケースに保管します。 ※2週間のホワイトニングを行った後、必ず歯科医院に来院し、医師の診断を受けてください。また再診はかかりつけの歯科医院へご相談ください。

よくあるご質問

ホワイトニングができない人はいますか?

虫歯がある方、ひどい知覚過敏、歯周病の症状がある方はすぐにホワイトニングをすることができません。虫歯がある、歯周病の症状がある方は、ホワイトニングの前に歯科の治療を行ってください。ホワイトニング材の成分に対しアレルギー反応がないかなど、歯科医師または専門医に事前に相談の上、ホワイトニングを開始するようにしましょう。

妊娠中、授乳期の場合はホワイトニングできますか?

できません。胎児、赤ちゃんへの安全性が確認されていません。授乳期を終えたあとで、ホワイトニングを行ってください。

子供にホワイトニングをさせたいのですができますか?

できません。20歳未満の方への安全性が確認されていないため、ホワイトニングをすることは禁止されています。

ホームホワイトニング中の食べ物の制限はありますか?

ホームホワイトニング中の食事制限は特にありません。しかし、色の濃い食べ物(カレー、ワインなど)を摂取すると色が付きやすくなります。

寝ている間にホワイトニングできますか?

できません。カスタムトレイ、ホワイトニング材の誤嚥、誤飲の可能性があるため、就寝中にホワイトニングはしないでください。

2時間以上の使用はできますか?

できません。日本国内での使用は薬事法上で1日最大2時間までに決められています。

ホワイトニング材にアルコールは含まれますか?

オパールエッセンス10%にはミント味、レギュラー(無味)ともに、アルコールは含まれていません。知覚過敏抑制材ウルトライーズトレイタイプにはアルコールが含まれています。アルコールに対しアレルギーのある方は、シリンジタイプの使用をお奨めします。

歯の詰め物や被せ物、神経のない歯(無髄歯)は白くなりますか?

詰め物や被せ物にはホワイトニング材は反応しません。金属については、酸化により黒くなることがあります。その場合は、金属のある歯にホワイトニング材を接触させないよう、注意してカスタムトレイにホワイトニング材を注入してください。神経のない歯(無髄歯)は神経のある歯(有髄歯)と比べて時間がかかりますが、ホワイトニング効果を得ることができます。

ホワイトニング中に知覚過敏のような痛みが出た場合(しみる等)、どうすればよいですか?

知覚過敏の症状を感じたら、ホワイトニングを中止し、ウルトライーズを使用してください。また、ホワイトニング中に激しい痛み、異常を感じたら、すぐに使用を中止し、歯科医師の診察を受けてください。

タッチアップのすすめ

ホワイトニング効果は永久的ではありません。
そのため、定期的なタッチアップをお勧めしています。半年から1年の間にご来院いただきタッチアップについて相談しましょう。